アキラメナイ。

今日、仕事でとあるイベントに行った先で2人のダンサーが踊っていました。


e0181517_23451257.jpg



彼女達は、耳が聞こえないそうです。
手話でカウントを出す人がいて、それをガイドに踊るようですが踊ってる最中はほぼ見てる様子はない感じ。
2人のダンスはほぼズレることがなかった。 ものすごいタイム感! おそらく、健常者より感覚が鋭くなってるのかな。 カウントを見るにしても踊ってる最中に指先を見て確認するのだから動体視力もかなり発達してるんだろうと思った。

彼女達がここまでなるのには健常者には計り知れない苦労があったんだと思う。

「好きだから、苦労と思ったことはないですよ」と彼女は言った。

そのとおり! 同感です。 と健常者のおれは簡単に思う。

でも、おれが音が聴こえなかったらTAPしてるかな…


そういえば、ずいぶん前に初めてペグレッグ・ベイツの映像を見たときにも同じこと思った。

おれ、ここまで強くなれないな。 と…


今、健康であることが当たり前の自分の甘さを感じる。

改めて思った。 そこまで、強くなくても「諦めない」ってことは強くもっていこう。


Nobu
[PR]

by beat-of-the-earth | 2009-12-20 23:52 | Nobukato日記  

<< T・R・U・G・ そしてクリスマス。 ジャンベの皮が・・・ >>